【LINE情報提供】トークルームの内容は実は流出してる?

 

 

 

 

最近よくSNSでLINEがトークルームの情報収集をしているといった

情報が流れています。

 

トークルームで良く使用するスタンプが相手のオススメスタンプに出てきて

いるので、やはり情報は流出しているのでしょうか…?

 

今回は意外と知らない人が多いLINEの情報提供機能についてご紹介します!

 

 

■LINE情報提供って?


 

LINEでは2018年1月より情報提供機能があります。

なぜ今さらそんな話がでるかというと、気付いていない方がSNSを通じて知り拡散されたこと

により、話題になっているようです。

SNS上では、「トーク内容が流出されていたらどうしよう」などと言った言葉をよく見ます。

設定が分かりにくいこともあり、誤解をまねいているようです。

実際には下記のように記載されています↓↓

 

『LINEでは、不正利用の防止、またサービスのさらなる改善・開発等のため、特定の情報利用に関するご案内、

およびプライバシーポリシーの変更を行います。

本件は、皆さまへのより良いサービスの提供を目的としております。

友だち(ユーザー)同士でやり取りしたメッセージや画像・動画などの内容、通話内容などは含みませんのでご安心ください。

 

どうやらトーク内容などが流出することはないようです。

 

 

それでも気になる…少し嫌な気がすると感じた方は、

【設定→プライバシー管理→情報の提供→チェックボタン】

の手順で簡単に情報提供を避けることができます。

 

 

 

 

■LINE情報提供内容


トークルームでの提供

  • スタンプ・絵文字・エフェクト・フィルターなどの使用した種類
  • トークの相手・日時・既読・データ形式・取消機能・URLへのアクセスなどの利用状況

 

タイムラインでの提供

  • 投稿内容・投稿日時・データ形式・コメント欄のスタンプ・閲覧時間・閲覧回数が提供されています。

 

 

 

■まとめ


 

 

LINEのトークルーム内容や画像・動画などが流出することはありません。

しかし、以外にも情報提供内容が多いので、嫌に感じる方は設定変更をオススメします。

 

SNSでの情報は今ニュースよりも早いのでは? ツイッターは特にそうですね。

拡散されることにより情報を早々と知ることができるのも魅力です。

しかし、影響力のある方の発言内容を見て、こういう間違った情報を信じでしまう方も多いので、

一度自ら情報を調べてみると不安要素も解消されるかと思います。

SNSの内容だけが全てではありませんのでご注意ください。

 

以上、LINEの情報提供についてのご紹介でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。