アイコンの配置を変えたり消したりする操作方法を解説!

「iphone」の画像検索結果

今回は、iPhoneのホーム画面のアイコンを消したり、移動させたり、まとめたりする方法をご紹介していきます。

iPhoneを扱う上では、基礎的な操作方法のひとつですので「知ってるよ!」と思うかもしれませんがお付き合いください。

 

アイコンを配置する

はじめにiPhoneのアイコンを配置(移動)する方法です。

 

1

どのアイコンでも良いので、指を置いてそのまま長押しします。

 

2

全てのアイコンがガタガタと横に揺れだしました。この状態になるとアイコンの配置・移動ができる状態となります。

 

3

アイコンを配置移動するには、移動したいアイコンをドラッグ&ドロップ(指で押したまま移動し、移動したい場所で離す)すればOKです。

iPhoneのアイコンは縦と横にマス目上に整列されているので、アイコンを離した場所で自動整列されます。

 

4

別の画面上へ移動したい場合は、上の図のように画面の端でアイコンを置いたままにします。(指は離さない)画面が切り替わったらその場所で配置しましょう。ちなみに上の例では右端ですが、左側に配置の余地がある場合は、逆の操作をします。

 

5

アイコン同士を重ねるようにすると、上の画面のように透明な白枠でひとまわり大きなアイコンに切り替わります。

 

6

この状態でアイコンを離すと、上の図のように新規フォルダに切り替わり、アイコンをグループ分けする事が可能です。「レファレンス」というテキスト部分は変更する事が可能なので、自分の分かりやすいグループ名(例えば「仕事用」「使ってないもの」)をつけると管理しやすいです。

あまりフォルダを増やしすぎると、iPhoneならではの利便性がなくなるので「普段あまり使わないものを入れとく」と割りきってしまう事をおすすめします。

設定が終わったらiPhoneの「ホームボタン」を押す事で、アイコンの「震え」が止まり配置・移動モードの終了です。

 

アイコンを消す方法

どのアイコンでも良いので長押しして、アイコンがぶるぶる震えるモードに切り替えます。

9

アイコンが震えている状態で、削除したいアイコン(アプリ)の☓マークをタップします。

例えば、上の例では「Simeji」アプリを削除する場合です。緑枠内の☓をタップしましょう。

 

10

本当に削除して良いかどうか?の通知があるので、消す場合には「削除」をタップします。削除しない場合は「キャンセル」を選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。