スマホの依存症? その原因と対策を考えてみた

「スマホ依存」の画像検索結果

もはや現代人はスマホなしでは生きていけないと言われています。
そういう意味では、スマホを活用している全員が依存症だともいえますが

今回は、暇さえあればスマホを手に取ってしまうだけでなく、スマホを触るために本来やらなければならないことを後回しにしてしまうような
他に悪影響を与える意味での”依存症”について、その原因や対策を考えて行きます。

 

 

<スマホ依存症とは>

  • スマホを持たずに1日過ごす事はできない。
  • スマホを持ってないとソワソワする、不安感がある
  • スマホを触るために、仕事や勉強の時間を犠牲にする
  • 寝る前にスマホを毎日見ている。

基本的に使う事自体は問題ないと思っているのですが、やはり他の何かを犠牲に、悪影響を及ぼすような使用法はよくないですね。

スマホを触る時間を自分の意思でコントロールできなくなったり、不安・ストレス・パニック等の精神的な状態に影響出ている場合は依存症と言えるでしょう。

 

<原因>

昔は「携帯」と言えば、電話するかメールするかが普通で、生活の時間の大部分を使うようなコンテンツはありませんでした。

一方、スマホになると、そのコンテンツ量が大幅に増え電話やメールはもちろん、ネット閲覧・SNS・LINE・動画閲覧・音楽を聞く・アプリでゲームをする・雑誌を読むなど
これでもまだ一部で、アプリの活用次第では、もっと様々な事が可能です。

出来る事が増えた分、携帯に比べて触る時間も増えるため、意識しないうちに自然に依存していく可能性は高くなると言えそうです。

 

<対策>

放おっておくと自然に依存してしまうので、自分の意思でコントロールできるように対策を行う事が大切になります。。

実施に具体的に行いやすそうな対策方法についてまとめてみました。

 

・あえて充電を満タンにしない

毎日充電が満タンな状態になっていたり、予備のバッテリーも持ち歩いていたりすると、いつでもスマホが使える状態になってしまいます。

あえて満タンにしない事で、使える時間が制限されるので頻繁にスマホの画面を開く事もなくなるはずです。

・目覚まし時計を買う

スマホを目覚まし代わりに使っている人は多いのではないでしょうか?

スマホを目覚ましにしている人は、夜寝る前にもスマホを触ってる場合が多いもの。

また、こういった行動はルーチン化されて習慣化しやすいものなので、できれば「寝室にはスマホを持ち込まない」ぐらいのつもりでいた方が良いかもしれません。

寝る前スマホを辞める事で、無用に交感神経を刺激する事もなくなり、睡眠の質も上げる事ができます。

 

個人的には、睡眠時間や仕事、勉強に悪影響が出ないのであれば一日中スマホを触っていても良いと思っています。
というもの、ネットや便利なアプリを活用する事で、色々なことでの効率化や知識そのものを多く得られるからです。

 

ですが、仕事や勉強、健康面にまで多くの影響が出る様であれば上記の対策含め、考えていく必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。