マルチタスクの呼び出し方や操作方法を解説

「iphoneX」の画像検索結果

iPhoneXの操作方法は、今までのiPhoneと違っているので様々な面で困るところがありますよね。
そのひとつとして、マルチタスクの操作です。

マルチタスクとは、使用したアプリなどを中断した状態になっている一覧を表示させ、再度開いたり中断中のアプリを終了させるものです。

 

今回は、iPhoneXにおけるマルチタスクの操作方法をわかりやすく解説していきます。

<マルチタスク切り替え>

iPhone Xでマルチタスクに切り替える方法は、ちょっと特殊です。

画面下から中央くらいまでスライドさせて下さい。(画面上までスライドしてはダメ)
マルチタスクのところに合わせる感じですね。

実際にやってみて頂けるとわかりやすいと思います。

 

<マルチタスクの消し方>

マルチタスクを消すには、まず先程の方法でマルチタスクの画面を表示させて下さい。

そして、そのままその画面を長押し(どこでもいい)してもらうと、各タスクの右上に赤いマークがでます。
あとはこのマークを押したタスクが消えていくというもの。
従来の、画面外にはじき出す感覚でスライドして消していく方法ではないので、慣れるまで、あれ?となるかもしれません。

 

実は、タスクを消す必要はない

apple公式が発表しているのですが、マルチタスクにたくさんのアプリがならんでいると
なんだか処理が遅くなりそうとか、データを使ってそうという気がしますが、実際はそうではないらしいです。

本来マルチタスクは、アプリなどを再起動したい時などに手早くアプリを終了させるためのものだそうです。
なので、無理に全て消さなくても、違いはないとのこと。

 

とはいえ、今までちゃんと消してきた人にとっては、なんか違和感があると思うので
マルチタスクを削除するなら上記の方法でやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。