大丈夫??ハッキングを防ぐためにできること

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneとハッキングは無縁だと思われがち。

しかし、インターネットが利用できる環境にある以上、PCハッキングされないよう

今からでも取り入れることができるセキュリティ対策をいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッキングされたらどうなるの?

ハッキングされると、加害者側から遠隔で端末を操作することができるので、あらゆる被害が出る可能性があります。

まず想定されるのは、個人情報と電話帳に登録している知人の個人情報の流出。

これにより、知人に不審者から連絡が入るリスク出て、LINEやFacebookなどのアカウントが

乗っ取られてしまう危険性も出てきてしまいます。

Apple Payなどにクレジットカード情報を登録している場合は金銭的な被害が出る可能性も否定できません。

それだけでなく、盗聴や盗撮をはじめ、位置情報の特定までも可能となるケースもあり

最悪の場合、犯罪に巻き込まれてしまう恐れもあるでしょう。なんと恐ろしい、、、

もちろん、ハッキングされたからといって必ずすべての被害が出るとは限りません。

ただ、こういったリスクがあることを頭に入れておくと良いでしょう。

 

 

 

 

こんなときは疑って

ハッキングされてしまった場合、身に覚えのない何らかの現象が起こります。

もっとも多いのは、「来るはずのない通知が届く」ケース。

したがって、登録した覚えのないサイトからの登録通知や、見覚えのないメールアドレスが登録されてしまった旨を

知らせる通知が届いた場合、疑ったほうがよいかもしれません。

なお、そのような現象が起きた場合、大きな被害が出る前にApple IDのパスワードが

変更されていないかなどもすぐに確認しましょう。

 

 

 

パスワードでハッキングを防ぐ

被害を受けないために、まずは推測の難しいパスワードを用いるのが効果的。

誕生日などの予測されやすいものもできる限り避けると良いでしょう。

また、いくら複雑な文字列を用いていてもそのパスワードを複数のサービスで利用するのは大変危険!

1つのパスワードが破られると、すべてのサービスで被害が出るリスクがあるため

それぞれに違うパスワードを使用することをおすすめします。

さらに、パスワードを定期的に変更するのも非常に効果的です。

一定期間ごとにパスワードの見直しを行う習慣をつけておきましょう。

 

 

 

 

設定で防ぐ

パスコードで画面にロックをかける以外にも、セキュリティを強化する手段として

「Apple IDの2段階認証」という機能を利用することができます。

この設定を行うことにより、パスワード入力と本人認証を行わなければApple IDを使う

各種サービスの利用ができなくなるため、ハッキング対策としては非常に有効です。

iPhoneからすぐに設定可能なので、是非取り入れてみてください。

まずsafariから「Appleアカウントの管理」にアクセスして、Apple ID・パスワードを入力します。

〈Apple IDを管理〉から〈パスワードとセキュリティ〉へ進み、2ステップ確認の項目から

〈利用を開始する〉を選択すると設定完了です。

 

 

 

 

 

意識を変えましょう

「自分には関係ない」と思わずに、インターネットを利用している以上は

常に意識を持つことが重要です。

今回はすぐに実行できるものをまとめてみました。

ハッキングされてからでは手遅れになってしまいます!

多くの方が積極的に取り入れ、不安が解消することを祈っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。