意外と知られていない?Apple IDの変更方法を解説!

「apple ID」の画像検索結果

 

 

iPhoneユーザーは必ず AppleIDというものを持っています。
これは初めてiPhoneをもつ場合には契約時に作成するもので、主にApplestore(様々なアプリをダウンロードするためのアプリ、androidではGooglePlayにあたる)で
そのIDは基本的には自身が使用しているメールアドレスになっています。

今回は、このAppleIDを変更したくなった場合の方法をご説明します。

 

<まずはじめに>

はじめにも言いましたが、Apple IDは自分が使用しているメールアドレスにもなっています。

ということはApple IDを変更するのであれば現在使っているアドレスを変更するか、新しくメールアドレスを用意する必要があるのです。

メールアドレスはキャリアが提供するものでも、フリーアドレスでもなんでもOKです。

Apple IDに設定したメールアドレスには、購入したアプリの支払い情報や不正アクセスが確認された時の通知等も届きますので普段から利用するアドレスが望ましいかと思います。

 

 

<IDの変更方法>

新しいメールアドレスが用意出来たら、早速AppleIDを変えていきましょう。

1

設定⇒iTunes & App Storeを開いて頂きます。

すると、画面上部に青字で現在のApple IDが表示されているはずですので、これを押して下さい。

そして画面上に選択肢が出るので、AppleIDを表示を押しましょう。

アカウント画面に切り替わりますので画面上部の<Apple ID>という項目の右端、>マークを押して下さい。

 

現在登録しているApple IDが画面上に表示されますので、ここに入力されている既存のIDを削除して
用意した新しいメールアドレスを入力した、その下のパスワード(任意)を入力します。
確認用のパスワードも入力したら画面右上の「終了」を選択しましょう。

 

操作が完了したら、先ほど登録したアドレス宛てに確認用のメールが届くはずです。
メール内の指示に従って、先ほど決めた新しいApple IDとパスワードを入力すれば変更完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。