iPhoneで着信音がならない?ある設定を確認してみよう

「スマホ 困る人」の画像検索結果

「あれ?気づいたら電話がかかってきてる」着信音ならなかったような・・・。

なんて経験をしたことはありませんか? 実はこれ不具合でもなんでもなくて
iphoneのある設定がONになっている可能性があるんです。

経験のない方もある方も、今一度設定を見直しておきましょう。

 

<おやすみモード>

iPhoneには<おやすみモード>という機能があります。

これをONにしている時には、着信音やメール通知音等は一切鳴らずアラームのみ音が鳴る状態となります。

おやすみモードはコントロールセンターからボタンひとつで設定ON-OFFが切り替えられるために、気づかないうちに<おやすみモード>をONにしてしまっているかもしれません。

<おやすみモード>時は、どれだけ音量を上げていても着信音は鳴らないため、無音のまま着信している状態で時間経過し、そのまま留守番電話センターへされているのです。

<おやすみモード>になってないかの確認はiPhone画面の上部のアイコンを見ればわかります。

三日月のマークが表示されていれば、ONになっている状態となります。

 

留守番電話設定を確認する

もし、<おやすみモード>がOFFになっているにもかかわらず、こういった状態になっている人は別の可能性が考えられます。
何らかの不具合によって、着信後に留守番電話センターへ転送される秒数が短くなってないかも合わせて確認しましょう。

これは、契約キャリアの管理画面の設定によって確認や変更をする事が可能です。

例えばSoftBankの場合

1

iPhone本体の操作で、設定⇒電話⇒ソフトバンクモバイルサービスの順に選択すると設定画面へとうつります。

<転送・留守番電話設定>をタップする事で、管理画面へと移行します。

 

2

こちらは<留守番電話・転送電話サービス>の設定画面です。
この中の項目で「呼び出し時間」の時間を確認してみましょう。

もし呼び出し時間が極端に短くなっている場合には、その秒数しか電話の呼び出しを行わないということになりますので、いきなり留守電になっていると勘違いしてしまうのです。

はじめの設定では20秒となっていますので、万が一呼び出し秒数が変わってしまっていれば戻しておきましょう。

 

こういった設定面は勝手にかわることはなく、何らかの操作中に誤って設定を変更してしまっているケースがほとんどです。
とくに<おやすみモード>に関しては、自分もiPhoneを使いたてのときには何度か経験したことがあるので
気を付けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。